• ホスティングサービスで専有する

    ホスティングサービスでは専有型が登場しています。従来のホスティングサービスは共用型が多かったのですが、各サービスで差別化のためか、専有型も増えてきています。

    専有型の特徴はハードウエアを1つのサービスで利用できることですが、ROOT権限などは提供されないことが多いので注意したいところです。

    ホスティングはアプリケーションを使える環境であり、インストール等はすべて任せることができます。

    そのため、管理者を雇っているかのようにつかえるのが特徴です。

    NAVERまとめ関連情報を解説します。

    ただし、サーバーの利用率が低ければコスト的にあっていない場合もあります。

    共用型で十分な場合も少なくないので試用期間などを利用してチェックして起きたところです。



    専有型を利用する方の多くは共用型でサービスされていないアプリケーションなどを利用したい場合が多いようです。

    特にセキュリティ関連は対応アプリケーションが増える傾向が多くなっています。また、メモリ数も格段に増えるので自社サービスなどで利用されるケースも多くなっています。

    専有型の利点はハードウエアが使い切れることであり、サーバーリソースが使われている場合は自動的に避けられてしまうアップデートも随時行われます。


    特にOSのアップデートは負担が多いので共用サービスでは夜間等にずれることが多いようですが、メモリも割当が多いのですぐに対応されます。



    また、バックアップ機能が標準搭載され、世代管理も行われるなど充実しています。