• ホスティングにおけるサービスの違いについて

    ホスティングとは、ユーザーにサーバーを貸すサービスのことで、別名、レンタルサーバーともいわれています。

    このホスティングのサービスは、大別すると、共用サーバー、VPS、専用サーバーの3つに分けられます。


    まず、共用サーバーは、一つのサーバーを100ユーザーとか200ユーザーといった大きな人数で共用して借りるサービスです。そのため、価格は最も安いものとなっています。

    しかし、それだけのユーザーが利用するため、VPSや専用サーバーに比べて自由度に制限があったり、時には一部ユーザーの過剰な利用によって、サイトが重くなったりすることがあります。



    VPSは別名、仮想専用サーバといわれています。

    あなたの知らないBIGLOBEニュース情報の差に驚きました。

    VPSの場合、一つのサーバーを専有できるわけではありませんが、特別なシステムによってユーザ毎に仕切られていて、自分の借りている領域内では専用サーバーのように自由に利用することができます。
    専用サーバーは、文字通り1ユーザーが1つのサーバを全て借りる仕組みです。そのため、自分の好きなようにサーバー全体を使うことができます。また、ユーザーが自分しかいないので、他のユーザーの影響を受けることがない、というのも大きなメリットです。


    しかし、専用サーバーはシステムを自分で設定しないといけない場合が多く、初心者にはハードルが高いサービスといえるでしょう。



    ただ、その場合でも、オプションで別料金を払って、サポート付きのサービスを選択すれば、難しい設定はホスティングの業者が行なってくれます。